アラスカに住みたい アンカレッジからの現地情報
     Search


ラビットクリークトレイル

アンカレッジ周辺でお手軽日帰りハイキングがしたい方にお勧めなのが、ラビットクリークトレイル (Rabbit Creek Trail)。ラビットクリークトレイルヘッドから始まってラビットレイクまでの道のりで片道4.5マイル(7.2km)。時間にして往復4時間。でも途中で休憩を入れたり、動物が出てきたら動物を見たり、ラビットレイクへ着いたら湖のまわりを散策したり釣りをしたり、ゆっくりする時間を入れて丸一日コースです。

ラビットレイクはぐるりと一周できますが、途中ガレ場があります。急な斜面で足場の悪い所を歩くのが苦手な人にはお勧めしません。簡単に湖の周りを散策したい人は、湖に向かって右側を半周してそのまま同じコースを戻ってくると良いでしょう。

ベストシーズン

例年だと、6月中旬までトレイルのところどころに雪が残っています。雪が解けた後の6月下旬から、雪が降るまでの10月上旬に行くと良いでしょう。野生のお花を沢山鑑賞したい方は、7月~8月上旬に行くのがベストです。

どこからトレイルが始まるのか

ラビットクリークトレイルヘッド付近の地図 *地図上の星印はトレイルヘッドではなく、トレイルヘッドへ続く道の途中です。
http://www.google.com/maps?source=uds&q=canyon road, anchorage, ak
地図上のCanyon Roadを山に向かって進み、これ以上車で行かれないところまで来たらそこが終点です。最後はかなりガタガタ道なので、できれば四輪駆動の車の方が良いでしょう。

このラビットレイクへ入いるトレイルは2つあります。1つがマクヒュートレイル (McHugh Creek Trail)。そしてもうひとつがラビットクリークトレイル(Rabbit Creek Trail)です。

マクヒュートレイルよりも、ここで紹介しているラビットクリークトレイルの方が距離が短くて楽です。でもハイキングガイドブックなどを見るとマクヒュークリークトレイルしか紹介されていません。というのは、ラビットクリークトレイル近辺の土地は2007年夏まで私有地だったので、公にトレイルとしては紹介できなかったのです。

でも複数の機関や企業がお金を出し合い、2007年6月に1.2億ドルかけて320エーカーの土地を買収。今までは口コミでしか知られていなかったトレイルが一般に公開されることになった訳です。

ラビットクリークトレイル買収に関するアンカレッジデイリーニュースの記事はこちら。
http://www.adn.com/outdoors/story/9272321p-9187094c.html

マクヒュークリークトレイルの参考ホームページ

ラビット レイク
● 8月のラビットレイク ●
ラビットクリークトレイルの終点がラビットレイクになります。
この景色が現れると「頑張って歩いて良かった~」と思うはず。
向かって左がNorth Suicide Peak、右がSouth Suicide Peak。
2007年 8月 撮影



● 秋 ●
ラビットレイクから、マクヒュークリーク側を見下ろした景色。
入り江が見えます。
2006年 9月 撮影

ラビット レイク
● ラビットレイクの水 ●
南国の海を思わせるような、透き通った青い水。
2007年 8月 撮影

アラスカ アンカレッジ
● ラビットレイクのニジマス ●

ここ数年は放流されていないけれど、以前ニジマスが
放流されていて、その残りがまだラビットレイクにいます。


50cmくらいのサイズが釣れることもあります。
ニジマスはサイズ的にはサーモンやハリバットなどにはかなわないけれど
釣りを楽しむという意味では私は山の湖でのニジマス釣りが一番楽しくて好きです。

2009年 9月撮影

ラビット レイク
● Ptarmigan (ライチョウ)のメス ●
ラビットレイク周辺をウロウロしてました。
2007年 8月 撮影

アラスカ
 キャンプ ●
ラビットレイクへのハイキングは日帰りもできるけれど
湖のまわりでキャンプをすると、周辺の山にも登れてさらにお勧め。
私が東京の八王子に住んでいた頃は、電車に何時間も乗り
数泊かけて日本アルプスに登っていました。
アンカレッジでは、夏になれば気軽に週末山へキャンプに行かれます。
これは山好きにとっては嬉しいこと。
2006年 9月 撮影

ラビットレイク
● お花観賞 ●
ラビットクリークトレイルの途中でも、ラビットレイク周辺でも
沢山の野生の花が観察できる。
2007年 8月 撮影

ラビット レイク
● 6月のラビットレイク ●
ニジマス釣りをしようと釣竿を持っていったのですが、向かった先のラビットレイクは
まだ凍っていました。この日は湖の見える所で昼寝をして帰ってきました。
写真を見るとまだ雪が残っているので寒そうに見えますが、
日差しは暖かくぽかぽか陽気でした。

2007年 6月10日撮影

ラビットレイク
● ちょっと上からラビットレイク ●
ラビットレイク手前の山に登って湖を見下ろした風景。
2006年 9月 撮影

ラビットレイク
● お隣の湖 ●
これもラビットレイク手前の山から撮影。
右側に小さな湖が見える。
2006年 9月 撮影


アラスカ アンカレッジ
● ラビット レイク ●

土曜日はラビットレイクまでマウンテンバイクで行ってきました。
ターナゲン入り江側と違ってこちらは雪が沢山残っています。
トレイルにもまだまだ雪があります。
気温は低いですが、汗だくになったマウンテンバイクでした。

2009年 6月 6日撮影

アラスカ アンカレッジ
● ハクサン イチゲ ●

アンカレッジ周辺は今、沢山の野生の花が咲いています。
写真はラビットクリークトレイルにて撮影。

2009年 6月 6日

アラスカ アンカレッジ
● アンカレッジの夕日 ●

ラビットクリークトレイルから望むアンカレッジの街

アラスカ アンカレッジ
● 野生のお花畑 ●

チュガッチ山脈に咲き乱れる花々

アラスカ アンカレッジ
● カラフト ライチョウ ●

保護色が素晴らしい。動き出さないと後ろの岩と見分けが付かなかった。

アラスカ アンカレッジ
● ブルーベリー ●

8月初めだというのに、ブルーベリーが種類によっては色づいていた。
ブルーベリー摘み本格化するのは8月中旬。

アラスカ アンカレッジ
● 
ラビット レイクのニジマス ●

体長19インチ(約48cm)

2010年 8月 1日撮影


Designed by Kuma     Login