アラスカに住みたい アンカレッジからの現地情報
     Search


冬のお役立ちアイテム


私がアンカレッジで生活していて「これは持っていて良かった」と思ったアイテムを紹介します。

アイテムその1:オートスターター(Auto Starter) 

注意:外に車を長時間とめる人のみにお勧めできるアイテムです。

オートスターターとは、離れた所から車のエンジンをかけることができる装置・リモコンのことです。車体に取り付けた装置に、遠隔からリモコンでエンジン始動の操作ができます。オートスターターはremote starter, remote car starterなどとも呼ばれています。

最初は学生時代に友達が使っているのを見て「ふーん、そんなものがあるんだ」程度にしか思っていませんでした。それどころか「全くちょっとの間寒さを我慢すれば良いだけなのにこんな高価な物をとりつけて、まったく贅沢だ。この人は怠け者だな」とまで思っていました。でもその友人が「これがあると全然違う」とさんざん私に言って来ます。そのうち私もその気になってオートスターターを自分の車に取り付けました。

オートスターターを取り付けた後は、以前の生活が考えられない程便利をしています。

アラスカの冬は当然ながら寒いです。外に車をとめておくと車体もエンジンもがちがちに冷たくなります。寒~い冬の日、建物から駐車場まで歩き、自分の車に入ってエンジンをかける。そしてエンジンが温まるまでしばらく寒さに震える。たとえ防寒用のジャケットを着ていても、じっとしているとそれはもう寒いんです。気温が氷点下10度以下になると、エンジンが温まるまでしばらくかかります。車にもよりますが、私の1996年ものの車だと10~15分くらいはエンジンをアイドル状態にしておかないといけません。

しかしこのオートスターターがあると、仕事や授業が終わった後に建物の中からピピっと遠隔操作でエンジンをかけることができます。エンジンはかかりますが、キーを差し込むまで運転はできないので盗難の心配はいりません。

車にたどり着く頃には車内は暖房が効いて暖かい状態。勉強や仕事のあとでくたくたでも、暖かい車が出迎えてくれると疲れも和らぎます。エンジンが温まるまでの待ち時間も無し。あぁ、最高。たとえ人に「贅沢だ。怠け者」と思われても良い。もうオートスターターの無い生活には戻れません。

どこで取り付けるのか:
アンカレッジでオートスターターを取り付けてくれるところは複数あります。下記にいくつか名前を挙げましたが、ここに載っているところ以外にもまだあると思います。

Perfectionist Auto Sound and Security: <
http://www.perfectionistautosound.com/ >
Safe and Sound<
http://www.safeandsoundalaska.com/  >
Today's Auto Start <
http://www.todaysautostart.com/ >
Car Toys<
http://www.akcartoyz.com/  >

自分で装置を購入して取り付ける人もいるようです。私は機械オンチなので、業者に任せました。

値段:
お店によってまちまちだと思います。私は2003年に上記のリストにも載せたPerfectionist Auto Sound and Securityというお店で取り付けてもらい、お値段は450ドル(1ドル=100円で計算すると4万5千円)でした。これは結構高い部類に入ると思います。今では、スターターの種類にもよりますが200~400ドルでできると思います。何件かお店に問い合わせて値段を比較すると良いでしょう。

ちなみに私がオートスターターを取り付けたのはアンカレッジで学生をしていた時のことです。学生時代の450ドルはかなり高価な贅沢品です。購入前は罪悪感さえ感じました。それこそ清水の舞台から飛び降りた気持ちで購入を決心したのを覚えています。でも後悔はありませんでした。これを使い出してからアラスカの冬がぐっと過ごしやすくなりました。

 

一つ注意したほうが良いのは、リモコンに表示パネルが付いていないものは避けたほうが良いということです。サンプル写真を載せてみましたが、違いが分かるでしょうか。

左側の写真のは表示パネル付き。右側は表示パネル無しです。表示パネル無しだと、エンジンが本当にかかったのかどうか分からないことがあるんです。自分は建物の中にいて車から離れていると、エンジンの音が聞こえませんよね。だから、「あ、エンジンかかったな」と思って車まで歩いていったら実は遠隔操作がきいておらず、車は冷え切ったままという悲劇が起こるのです。大げさのように聞こえるかもしれませんが、マイナス20度の日にこんなことが起こると本当に悲劇です。

私にオートスターターを勧めた友人のリモコンが、表示パネル無しでした。私はたまたま表示パネル有りのを購入したのですが、非常に羨ましがられました。

リモコンの種類は、車体に取り付ける本体装置の種類によって決まってしまうようなので、購入を決断する前にリモコンを見せてもらうと良いでしょう。

アイテムその2:加湿器

アラスカに越してきて冬になったら、なんだか知らないけど鼻血が出るんだよね。鼻血って言ってもたら~っとたれるんじゃなくて鼻の中でちょっと出血してる程度。でもそれがずっと続いていて・・・なんて方いませんか?それは暖房によって室内の空気が乾燥しているからです。

そんな方にお勧めするアイテムが加湿器です。

加湿器を寝ている間寝室で稼動させておくと、鼻の渇きによる痛み、出血がかなりおさまります。夜咳が出る、喉が腫れてかゆい・痛いという方にもお勧めです。

私はアラスカに来て冷たい蒸気とあたたかい蒸気が出るタイプ2つ試しましたが、あたたかい蒸気が出るタイプが良いみたいです。タンクに水を補給するのが面倒くさいと言う人は大き目のタンクの加湿器を購入することをお勧めします。

値段はさまざまです。下記写真の加湿器は2004年に購入し、80ドル前後でした。Wal Mart, Fred Meyer, Carrs, Sears Mallなど電化製品が置いてあるお店ならどこでも売っているはずです。

アラスカ
● 私が使っている加湿器 ●
これは2代目です。アンカレッジのSears Mallにて購入しました。
レベルが「強」「弱」が選べて、さらにその中で湿度調整ができます。
1代目はどうなったか覚えてないけど、きっと壊れたから捨ててしまったのでしょう。

2008年12月執筆


Designed by Kuma     Login