アラスカに住みたい アンカレッジからの現地情報
     Search


ケチカン

2005年4月執筆。

入社して11ヶ月目。2度目の出張に行くことになった。一緒に行くのは先輩のトーマスさん。場所はアラスカ州東南にあるケチカンを言う町。そこでアウトドア用品、服、ハードウェア、家具、お土産屋などを経営する会社のEコマース(インターネット上で買い物が出来るウェブサイト)を作っている。

今回はお客さんにEコマースのウェブサイトの使い方をトレーニングをするのが主な目的。アイテムや写真をアップロードしたり、発送料金を設定したり、経営者側として知らなくてはならないことが沢山ある。トーマスさんはビジネスプロセスの細かい決定などの話し合いをリードし、私は技術者としてユーザーのトレーニングをすることになった。

私が東京からアラスカへ来たのが1999年8月。2005年4月現在で5年8ヶ月になる。6年近くも英語圏に住んでれば英語はペラペラになるだろうと、こちらに来る前は信じていたが、現実はそうはいかなかった。今でも英語の会話は苦手。初対面の人と話すのは苦痛。電話はなるべく避けて通る。それを人に話すと「でもちゃんと仕事できてるじゃない」と言われるが、技術的な会話と日常会話はまるで別物。技術的な会話だと、自分の言いたいことを相手に伝えるのも、相手の言っていることを理解するのも、それ程困難ではない。でも同僚と気軽に交わす日常会話、お客さんとのミーティングなどは今でも本当に苦労している。だから出張3日間となると精神的に結構大変だ。

それでも出張は私にとってアラスカ無料旅行。特にケチカンは前々から行ってみたかった場所のひとつ。UAAに通っていた頃、初めてのルームメイトの一人がケチカン出身で、「とっても美しい所」と言っていたので一度は訪れてみたいと思っていたのだ。


 ketchikan1-042005.jpg
● 滞在先ホテルの部屋から ●
アラスカ東南全般に言えることだろうけれど、ケチカンは本当に美しかった。

泊まったのはCape Fox Lodge。アラスカ在住割引で1泊約120ドル。内装もなかなかきれいで居心地の良い所だった。出張でこんな素敵なところに泊まれるのなら仕事も苦ではないと思ってしまう。
アラスカ東南は雨が多い。ケチカンにいる間曇りか雨以外は期待はできないと思ってやってきたら、滞在中3泊4日、見事に晴れの日が続いた。何ともラッキーな出張旅行。
2005年4月26日撮影

 ketchikan2-042005.jpg
● ケチカン ●
ケチカンはRevillagigedo Islandと Gravina Islandという島で構成されている。空港はGravina Islandにあり、飛行機を降りた後ケチカンのダウンタウンへ行くにはフェリーを使う。写真左手前がフェリー。5分程の乗船時間で料金は4ドル。写真右手奥はアラスカ マリン ハイウェイのフェリー。
2005年4月27日飛行場より撮影

 ketchikan3-042005.jpg
● ワード レイク (Ward Lake) ●
滞在中取引先の会社が社の車をかしてくれた。トーマスさんは3日目にジュノーへ移動。私は一人で次の日のユーザートレーニングをすることになった。トーマスさんがケチカンを去った翌日、朝頑張って5時に起き、ワードレイクへハイキングへ行った。初夏の陽気ですがすがしい。キャンプサイトではテントを張ってキャンプをしている人が何組もいた。
2005年4月27日撮影

 ketchikan-flower-042005.jpg
● Yellow Skunk Cabbage ●
イエロー スカンク キャベッジ と呼ばれる黄色い花がワードレイクの周りに沢山咲いていた。日本ではミズバショウにあたると思われる。でも日本のミズバショウは白いから、黄色ミズバショウといったところかな。
2005年4月27日撮影

 tongass-042005.jpg
● お客さんのお店の1つ ●
取引先の会社は少なくとも4つお店がある。ケチカンへ行ったことのある人なら一度はこの会社のお店で買い物をしたことがあるのでは。ユーザートレーニングに携わった人たちはみんな熱心で頑張ってくれた。1ヶ月半したらまた仕事で戻ってくる予定。今度来るときはフィッシングシーズン。今から楽しみ。
2005年4月27日撮影

Designed by Kuma     Login